*All archives* |  *Admin*

2017/06
<<05  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30  07>>
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
心と病気
heart-feather1-2007-2.jpg





ガンの原因は、
能力を超えた仕事、過労、
解決できない人間関係の葛藤、
ストレスによる暴飲暴食、
怨み、憎しみの念である。

心臓病、胃潰瘍、糖尿病の原因は、
悩みから解放されないこと、
不安や角の緊張生活、
つまり、競争社会のツケと、
怒りや自己破壊願望である。
高カロリー、水分過多、運動不足が、
さらに発病を手助けする。

血管と脳の病気は、
取り越し苦労、持ち越し苦労の人、
愚痴や不平不満の多い人生に発生する。
要するに、
自己のプライドが満たせずに苦しむ、
心の排泄機能が弱い人がかかる。

皮膚の病気は、
対人関係の恐怖や、
そのストレスによる
暴飲暴食による血の汚れによる。

関節の病気は、
心の葛藤や怨み心からの憑依が多い。

すべて、信仰、休息、無執着、
笑顔と、明るい心、
健康管理で治せるはずだ。


(大川隆法著;『心の指針50』より)


スポンサーサイト
心のマネジメント
clipart-shinden-white-1.jpg




食べすぎや運動不足の不摂生だけでなく、

ストレスの調整などの心の在り方も、

病気の原因の半分以上を占めているので、

”心のマネジメント”によって治せる病気はたくさんあります。

「自分は神の子仏の子だ」

「自分には、自分自身を治す治癒力があるのだ」

ということを、強く念じなければなりません。

「自分は自分の体を治せるのだ」と、自分に暗示をかけてください。



(大川隆法著:『朝の来ない夜はない』第1章より抜粋)



ストレス・マネジメント
link_kabe.gif



現代においては、

ストレス・マネジメント(管理)を

知らない人は

病気になって、若死にする。

ならばどうするか。

散歩や音楽もよい。

入浴やマッサージ、針もよい。

もちろん、ストレッチ体操や、

自分の好みの運動もよい。

映画や読書で、気を紛らわす人もいるだろう。

山や川、海へのハイキングや

旅行による転地療法も効くだろう。

仕事を離れて、

夫や妻、子どもたちと、

楽しく語り、遊ぶのもよいだろう。

とにかく一度、神経を伸ばそうと思うことだ。

ストレス・マネジメントの重要さを知れば、

やるべきことと、やめるべきことの、

違いがはっきり見えてくる。

さあ、病気になっては損だ。

ストレスから解放されよう。


(大川隆法著;「心の指針51」)




人生の底を極めると、たくましく生きていける
torihito3_k.gif
(一人一人、違う速度で飛び立つのです。)



ビリというものは、なかなか、取れるものではありません。

昔の、旧制中学校のころから、

「上のトップと下のトップは偉い」と言われていて、

他の人たちから尊敬されていました。

確かに、ビリのほうからも人材が出るのです。

そういう人は、それだけ鍛えられているわけです。

「底辺を支える」ということも大事なことなので、耐えて生きてください。

人生には、ほかにも、生きる道はたくさんあります。

特技は幾らでも開発することが可能です。

ほかの道で、優れたところを磨いていけばよいのです。



(大川隆法著「生命の法」第2章より抜粋)



主と共に歩め
443.jpg




主と共に歩め

主と共に力強く進んでゆけ

天使らの祈りもまた

汝らと共にあり

天使たちの願いもまた

汝らと共にあり



(大川隆法著:「愛から祈りへ」第2章より抜粋)






nuts_1_5.gif






私たちは人生の中で時折

自らの心が真っ二つに割れてしまうような経験をすることがあります。

安らぎと平安を心の中で求めながらも

環境の中で

争いの渦に巻き込まれてしまうことがあります。


私自身、心に安らぎを求めながらも

小さな争いに巻き込まれ

自らの心が怒りに染まってしまったことがあります。


私は、ずいぶん長い間苦しみました。

その争いを治めようと、努力したにも関わらず、なかなかその努力は報われませんでした。

いつしか、私の心に、怒りが芽生え始めていました。

その怒りで、私の心と体がボロボロになりかけました。

それでも私は安らぎを求めて考え続けました。


そして、あるとき、ひとつのインスピレーションを頂いたのです。

「主と共に歩め」とーー。


争いの中にあって、主と共に歩め。

私は主の光に満たされ守られ、争いの中にあっても平静なる心が得られるだろう。

平静なる心は、必ず争いを平和へ導くヒントと行動力をもたらすだろう。


どんな苦難困難にあっても、平静なる心によって穏やかでいるということ。

それは、私たちを常に見守っている、主と共に歩むことで可能になるのです。





うさ時計
365calendar-rabbit
最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
プロフィール

月桃

Author:月桃
沖縄県出身。牡羊座のO型。思い込んだら一直線の頑固者ですが、意外と神経質なところも汗;。

興味分野がありすぎて、浅く広くのタイプ(^_^;)

いつか、たくさんの人と動物を癒すことのできる、カウンセラーを目指しています。

バッチフラワー、心理カウンセラー、コーチングの資格を取るべく勉強中。

今、ホーランドロップイヤーという、たれ耳うさぎといっしょに暮らしています。

いつもいっしょにいるので、最近、うさぎ言葉(笑)が、だんだんわかるようになってきました。

めっちゃ可愛いです(#^.^#)私の後を追って、おトイレまでついてきます(笑)

FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。